なぜシングルサインオンが注目されるのか?仕組みと利点を徹底解説

なぜシングルサインオンが注目されるのか?仕組みと利点を徹底解説

「シングルサインオン」が今おすすめの理由

OSSの一つである「シングルサインオン」が巷で話題ですが、具体的なメリットが3つあります。
まず第一に挙げられるのが、利便性と即時性の向上です。
これはどういうことかというと、パスワードとIDをすべて統一することにより、忘れる可能性を極端に抑えることができ、また、他人とそれを共有することによりいつでもログインができる利便性と即時性がかなえられるということです。
実際、膨大な数のIDとパスワードを管理すると、手続きやログインが煩雑になり効率が落ちますが、「シングルサインオン」を利用すればこのようなことは少なくなるでしょう。
2つ目のメリットとしてはパスワードが漏洩するリスクの低下です。「シングルサインオン」は複数の人とアカウントを共有するので漏洩のデメリットは大きく見えますが、「シングルサインオン」はプロキシサーバを経由したドメイン方式なので既定の場所ではない場所からログインされた場合はすぐに管理者に通知が届きます。よって、不正なログインにすぐに対応できるという万全の体制を敷くことができるのです。
3つ目のメリットは管理者の負担が少なくなる点です。この場合の管理者というのは上司やチーフ、いわゆる上席の管理職を指します。管理するパスワードとIDが一つだけなので管理がとても楽になります。スタッフごとにIDとパスワードを用意するのはかなり骨が折れるので、忙しい管理者にお勧めと言えるでしょう。

シングルサインオンでログイン操作を簡素化

勤怠管理やマーケティングなどの情報をクラウドに送信して一元管理したり、テレワークを導入している場合には文章の編集が行えるオンラインツールに各自アクセスして書類を仕上げたりするなど、さまざまな外部サービスが登場しています。
それらのシステムを利用する際には情報漏洩を防止たり、誰がどのデータにアクセスしているのかなどを管理する目的から、IDとパスワードを入力して認証が行われるのが一般的です。
しかし、利用するサービスが増えるほど便利になる一方で、管理しなければならないIDとパスワードが増加し続け負担が増えるだけではなく、意図せずとも操作ミスが頻発すれば不正侵入の疑いやアカウントロック時の対応も貴重な社内リソースを消費します。
それらの問題を解決できる可能性を秘めているのが、シングルサインオンです。
あらかめ各種サービスで使用するIDとパスワードやログイン画面のURLを登録しておけば、シングルサインオンで使用する1つのマスターパスワードを入力するだけで認証が完了します。シングルサインオンがブラウザなどのログインを監視し、登録していたURLと一致した場合にマスターパスワードを入力すれば、紐づけられたIDとパスワードが自動的に入力されて認証が完了するという仕組みです。これで、覚えておかなければならないのはマスターパスワードひとつで済むため、ログイン操作を大幅に簡素化できます。

シングルサインオンの特徴とメリットを紹介

OSSの一つに「シングルサインオン」というものがあり、最近話題によく上がりますが、特徴を完璧に把握している人はまだ少ないのではないでしょうか。今回はそんな「シングルサインオン」について紹介します。
「シングルサインオン」の一番大きな特徴は、セキュリティリスクの軽減です。これは、管理するパスワードが一つになるという特性ならではのメリットです。
ハッキングやクラッキングのようなサイバー攻撃を受ける理由の一つに、社員がIDとパスワードを簡略化していたから、というものがあります。しかし、「シングルサインオン」はパスワードやIDは管理者が統一しているのでハッキングやクラッキングのようなサイバー攻撃を受けづらい形式を選択することができます。これにより、セキュリティリスクを減らすことができるのです。
実際、昨今の大企業はほとんどがこのOSSの一つである「シングルサインオン」を利用しています。
多くの企業がこれを使うというのは、その信用の裏付けにもなるでしょう。
セキュリティが甘いとサイバー攻撃を受け、企業の情報が漏洩したり、機密を売り買いされたりすることになるので、セキュリティ対策の強化の重要性はここで論じるまでもありません。
「シングルサインオン」はネットワークを利用するにあたり欠かせない存在となりつつあるのです。

考える男性

MENU LIST

OSSには監査を助けてくれるというメリットもある

どのようなソフトウェアにも不具合というものは生じますし、弱点やセキュリティホールなどを抱えている場合があります。こうしたリスクを考慮したうえで安全に操作を続けるためには、定期的に不具合や弱点の確認は行っていかなければなりません。 ソフトウェアの弱点や不具合などを感知して改善させることを監査と言いますが、これには開発元に依頼をするなど、専用のシステムを導入することも珍しくありませ…

OSSを活用して効率的にシステム構築しよう

オンラインでシステム化を図るために必要なのはソフトウェアです。企業一社一社によって、必要なソフトウェアは違います。企業にあったソフトウェアを開発する事がシステム化を成功させる為には必要です。企業にあったソフトウェアを開発するためには複雑なソースコードを書きあげる必要があります。このソースコードは、どのようなソフトウェアを開発するとしても必要です。 最初からソースコードを書き上げ…

導入の際の不安はサポート付きOSSが解消してくれる

オープンソースソフトウェアは、誰でも気軽に利用することができなおかつソースコードが開示されているという、多くのソフトウェアとは違った特性やメリットを持っています。オープンソースソフトウェアは、略称をOSSと言い、世界中でさまざまな機能を持つものが数多く開発されており、そのどれもが基本的に無償で利用できるというコスト削減にも役立ってくれるものです。 機能や自由性、コストパフォーマ…

コスト削減に役立つOSSを導入しよう

どのような職場でも、毎日の作業の効率化やコスト削減にさまざまな工夫をして取り組まれていることでしょう。業務を効率化させるためには、仕事内容を見直す他に、新しいシステムやツールなどを取り入れるという方法があります。機能の高いツールやシステムを導入すれば、作業の能率や生産性が高まる可能性は大いにありますが、それと同時に新しくコストが発生するということも考えられます。考えられるコストと言えば、導入…

TOP